スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校下駄箱素材ができました。

こんな感じです。よければ見てね!

学校の廊下hiru
スポンサーサイト

素材公開しました!

よければ見てやってください!
URLはアイコンの下に貼ってあります!

近状報告など

  • 2016/12/13 21:45
  • Category: 雑記
12月1日に父親が他界してもうすぐ2週間。役所とかの手続きが想像以上に大変でびっくりした。
自分が絵の仕事してるんだーなんて言えずにいなくなってしまった。
うすうす気づいてはいたと思うんだけどね。何も言わずにそのままいなくなっていったよ。
あんまり父親とのコミュニケーションはしてなかったなぁと今振り返って思う。息子だとそんなものかなぁ。

この年と来年はいろんな意味で自分の人生の分岐点なのかもしれない。
今後どうなるかよくわからなくなってきた。
もしかしたら漫画の道に進む可能性があると思ってる。詳しくは言えないけど環境的にそいう感じであるからである。
現在の環境を生かして漫画にシフチェンジしてもいいかもって思ってたりしてる。クリスタもあるんでいい勉強にはなるかな。

まぁ漫画ド素人なんで、今更感がハンパないし、そう簡単に雑誌に載るわけでもない。
現実的に考えるとかなり無謀な事だから、どうせいつも通りの仕事に戻る可能性が大。
本当に計画性のない残念な男である。

余談だが、DLsiteに登録して解像度高い素材とかを提供しようかと計画中。
最近自分の教室とかの学校素材が漫画でも役に立つという事を知ってお金の匂いがしました!

まぁ、そんな暇ないんだけどね。

ガンダムUC描きました

  • 2016/09/06 20:48
  • Category:
壁紙サイズ(1920*1080)です。よろしければどうぞ!
1920ガンダム160906

ガンダムUCはマリーダが一番好きなんですが、この絵でどこにマリーダを入れようかを考えた結果これになった。
本当はアイスをさり気なく持たせたかった(食べてるところにしたかった)けど色々と無理があったので諦めました・・・。

個人的に反省しなきゃいけないのは、もうちょっと質感出したかったのと、色合いはこれでよかったのかなぁと不満があったり。
これ以上細かく描こうとするとキリがないし、悪い癖が出るのでここらへんで終わりにしてみる。

デカールはプラモの説明書を見ながら貼りました!絵でプラモやってる感覚になった。
実際に自作したデカール
デカール素材的な

あと今更なんですが、最近家庭用ゲームのEXVSFB始めたんですが、完全に初心者なもんで、勝率が20%くらいで負けまくって萎えてます。
センスを感じない下手さである。

教室のメイキングとちょっとした色の考え方などの考査

  • 2016/07/15 00:19
  • Category:
今回は教室のメイキングと個人的な色の考え方についてご紹介したいと思います。
なので今回は線画については省略します。

■1、下地を塗る
教室別角度01下地
なぜこんなにもカラフルかと言うと塗り残しを目立たせる為です。
予めしっかりとした色にしてしまうと背景(背景が白色の為)と色が似てしまい、為塗り残しが分かりずらくなってしまいます。
レイヤー構成は色分けで判断してもらえると、どういう感じで分けてるか分かりますね。


■2、下地が終わったら色を合わせて行く
教室別角度02
大体こんな感じだろうなという感覚で最初は色を合わせて行き、塗りながらまた合わせて行きます。


■3、テクスチャーを貼る
教室別角度03
目立ちすぎると不自然な絵になるので、最終的に味を出す程度になればいいかなと。


■4、ざっくり影をつけていく
教室別角度04
最初は大体こんな感じだろうとイメージをしっかり持って塗ります。写真や、上手い人の背景を参考にしてイメージするのもアリです。
ここで注意したいのは塗る際に塗りムラを無くすように塗りましょう。
塗りムラというのは影の境界線が見えてしまうことを指します。
極端な例で言いますと、以下の画像のような事を指します。
境界線


■5、更に影を入れここから色を整えていく
教室別角度05
この作業は一番重要な作業になります。ここで完成までの色が全て決まるので、一番時間を掛けましょう。
実際に完成までの絵を見れば解りますが、ここから完成までの色が大きく変わっていないと思います。(特に壁や天井が)

この段階で色選びに迷うと納得の行く色に行きつくまでにすごい時間が掛かります。丸一日潰れたりも。
慣れている人はすぐに決まると思いますが、如何せん自分もまだ経験が浅いのでものすごい苦戦を強いられました。(特に机の表面の色が)
実際に次の6の絵で実際にやった失敗例を紹介しつつ説目を続けます。


■6、失敗例
教室別角度06jpg
机の表面の色が中々決まらず、途方に暮れています。
少し鮮やかな色にしたいなぁという希望があったものの、どうしても机の表面の色が浮いてしまい、違和感を感じました。
あと全体を改めて見直した時に全体的に暗い印象がありました。影のつけ過ぎかもしれないとここで反省。


■7、色がここで9割決まる
教室別角度07jpg
床を少し鮮やかにして明るめにして、天井も明るくし、机の色を彩度を下げて暗くしたら、なんとなくよさそうな色に落ち着いたのでこれで決まり。
あと机の板の側面に強めのハイライトを入れたら更に立体感が出ました。


■8、細部と演出を付け加えていく
教室別角度08jpg
色が決まったので、机の反射光と黒板の文字など細部をここから描き加えます。


■9、失敗例その2
教室別角度09jpg
細部を描いていく上で、机とイスののパイプの部分も影とハイライトつけて行きます。
が・・・しかし、やりすぎてパイプの部分がものすごい浮いてしまいました。
下地の段階の方がマシなくらい不自然になってしまいました。
これは初心者にもありがちな失敗です。この失敗の理由は・・・

『拡大して描き過ぎた』です。

全体を見て色のバランスを調整せずに塗り進めてしまい、色のバランスが崩壊してし、不自然な絵になってしまったのです。
解決策は全体をもっとよく見て、色を調節しつつあっさり描く事が重要になっていきます。
このあっさりが難しくて慣れるまで時間がかかります。


■10、もう一度塗り直して
教室別角度010
不自然だったので、もう一度塗り直しです。
今度は失敗しないように全体を見ながら描いていきます。するとさっきよりマシにはなりました。
個人的に納得の行く金属の質感が出来てないのが残念なポイントですが、今の技量でこのまま進めると9にまた戻りそうな予感がしたので、ここで強制終了。


■11、細部を描く(主にハイライト)
教室別角度011
カーテン描き忘れてたわ。


■12、演出を出したりして完成
教室別角度012
日差しを強めに出して演出を出したかったので、斜め上からスクリーンで空気感も出します。
この場合の空気感の色は自分は若干青を強めに入れてますが、色を変えたりするとまた違った味が出ます。
爽やかな感じを出したかったので青にしたました。









Pagination

Utility

プロフィール

矢神ケント

Author:矢神ケント
絵描きのブログ
webサイト:KNT graphics

pixiv

twitter

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。